リゾートウェディングの復活

リゾートウェディングの復活

2022.08.15

この週末、ハワイでは7年ぶりにカネオヘのハワイ海兵隊基地で航空ショーが盛況におこなわれました。ハワイでは既にマスクという習慣など過去のモノとなり、普段は見ることの出来ない軍用飛行機の内部見学に人々が列を成していました。

 

最近パンデミックがもう終わりなのではないかと思うのは、ハワイの見慣れた景色が戻ってきたと感じる時です。ハワイの住民にとって目的もなくビーチに行ってのんびり過ごすのは定番の休みの過ごし方なのですが、そこに美しいウェディングドレスと洒落たタキシードに身を包んだ二人がカメラマンや介添え人に囲まれて登場する光景が戻ってきました。

 

特別な撮影の邪魔をしてはいけない、と気を遣って移動しても、以前は多い時は何組も撮影をしており、むしろお互いのカップルがお互いの写真に映り込んでしまうのでは?と勝手に心配になってしまう程見かけていました。

しかしパンテミックに入り、一時期のハワイはビーチを並んで歩く事も砂の上に座ることも出来ないロックダウンをしていたのですから当たり前ですが、そんな景色も皆無となっていました。

 

 

ですが、ここ最近、またビーチでウェディングドレス姿を見かけることが出来るようになりました。長くハワイ旅行を見合わせていた人達が少しずつハワイに戻ってきたように、リゾートウェディングもまた、戻りつつあるようです。

 

ハワイの大手リゾートウェディング会社から話を聞いてみると、夏が終わると結婚式シーズンとなるので、予約が随分と入っているとの事。今まで予定していた式の延期のものから新たな予約と、いよいよリゾートウェディングの復活の希望の光が見えて来たそうです。日本で家族だけでの式は済ませたけど、やはりハワイに来てハネムーンと共に写真だけは納めたいという新郎新婦など、さまざまな要望で予約が増えて来ているそうです。

 

日本での撮影とハワイでの撮影が全く違うように感じるのは、ハワイの空と海の色がウェディングドレスの白と綺麗に映ること。そればかりは、日本では出来ないハワイならではでしょう。

 

最近では、結婚式をしなかった後悔をハワイ旅行のついでに日程のうちの1日を使って、衣装の選択から試着・メイクまで手際良く行い、挙式まで取り行うそんなカップルも多いのだとか。

 

まだまだ、日本の感染者増を聞くとパンデミックが完全に収束するにはまだ先と感じますが、これから秋に向かうにつれて、ビーチでくつろいでいるところ、ウェディング撮影に普段着の自分が写り混んでは申し訳ないと、気を遣ってウロウロしてしまう日がまた来るのももうすぐそこのようです。

一覧へ戻る