不動産購入サポート

不動産購入サポート

日本と同じように、検索をして物件からお探しください。
気になる物件を見つかりましたら、その物件の検討〜購入手続き〜譲渡完了まで、弊社が一貫してお手伝いさせていただきます。
日本とは異なり、アメリカでは買い手の分の不動産仲介会社への手数料は売り手が支払います。
そのため、買い手であるお客様はYourTurnのサービスを利用したとしても、弊社への手数料はいっさい不要です。
(購入プロセス内にて、一部買い手のお客様がご負担するものがございます)

  • 01

    ハワイの物件を、日本での物件探しと同じように、気軽に実施

    日本語でより多くの物件を検索可能。
    さらにまだ市場に出る前のオフマーケット物件の取扱いもしています!

  • 02

    物件検討から登記完了まで、
    一貫してのサービス提供

    ハワイで15年以上に渡って
    運営してきた弊社では、ローカルの人々と
    築き上げてきたコネクションも充実。
    日本のお客様に向けては、日本人スタッフによる日本語対応で安心です。

  • 03

    購入後の物件の管理・
    運営もお任せください

    購入後、物件の管理・運営においても、
    購入時以上の収益を上げるための
    コンサルティングも可能です。

― ハワイの物件購入プロセス ―

ハワイの物件購入プロセスは、日本とは異なります。
弊社が行う購入サポート内容とともに、一般的なプロセスをご紹介します。

Step
01

不動産購入サポート

Search

気になる物件が見つかりましたら、お気軽に物件詳細ページから
メッセージをお送りください。
(メッセージ送信前に、機密情報保持契約(NDA)のご締結を
していただきます)

不動産購入サポート

Showing

弊社とメッセージ機能上でご相談いただき、
内見の設定をさせていただきます。
弊社スタッフがお客様の代わりに物件に行き、
遠隔ビデオ通話にて内見を行います。
(もちろん現地ハワイに来ていただいての内見も可能です)

Step
02

不動産購入サポート

検討の結果、購入の決意が決まりましたらOfferを売り手に提出します。
これは日本で言う購入申込書にあたりますが、そのまま売り手が承諾した場合、購入契約書になります。
Offerは細心の注意を払っての作成が必要ですので、相談をしながらお客様と共に作成いたします。

不動産購入サポート

この際、ローンを組むことをご検討の場合は、弊社がお手伝いをさせていただきます。
ここである程度ローンの査定を進めておくことで、今後のプロセスが円滑に進みます。
弊社と提携してるC2 Financialでは約150社のアメリカ国内のレンダー、銀行からデータを集めお客様に最適で有利なローンを見つけることが可能です。

不動産購入サポート

購入申込書(Offer)がそのまま売り手に受理されることもありますが、売り手から購入契約書の内容について修正を入れた書類(Counter Offer)が届きます。
値段交渉や条件交渉になりますので、こちらも慎重に内容を吟味する必要があります。

Step
03

不動産購入サポート

お客様と売り手が購入契約内容において合意に至った場合、エスクローの開設に進みます。
物件の支払いと譲渡が適正に行われるよう、アメリカではエスクローという第三者を挟んでの取引を行います。

不動産購入サポート

エスクロー開設と共に、まずは購入金額の一部を手付金としてエスクローに支払います。

不動産購入サポート

購入予定の物件に何らかの問題がないかの調査を行います。
税金関連やTitle Reportの書類調査、実際に物件の調査(Home Inspectionやシロアリ検査)などです。
購入後に問題が発生した場合、アメリカでは売り手に後から責任追求を行うことは困難なため、ここでしっかりと隅々まで調査をする必要があります。
ここでの調査会社や弁護士などの手配もお任せください。
(デューデリジェンス実施の際の専門家費用は買い手であるお客様負担
となります)

Step
04

不動産購入サポート

デューデリジェンスの結果、引き続き物件を購入する意思決定がなされた場合、エスクローに中間金を支払います。

不動産購入サポート

ローンを組んでの購入の場合、ローン会社から承認をもらっている旨の
証明を提出します。

不動産購入サポート

Final Walk
Through

実際に物件を訪れ、最終確認を行います。こちらも内見同様、日本にいながら遠隔にてビデオ通話などをしながら

不動産購入サポート

所有権移転の登記には、ノータリーと言って、公証人の前にて買い手であるお客様本人による署名が必要です。
日本の場合、アメリカ大使館や領事館、公証役場で可能です(有料、要予約)。
公証手続きを経た法的文書は登記を行う3日前までに原本をエスクロー会社に提出をいたします。

不動産購入サポート

公証手続きと同時期に、残金をエスクローに支払います。

不動産購入サポート

エスクローによって所有権移転登記と売り手への支払いが行われます。

Step
05

不動産購入サポート

商用不動産であればテナントの募集や契約、支払い管理、
収益コンドであれば賃貸に出して借り手の募集や契約
日々の物件のメンテナンスや光熱費などの支払いなどを弊社が行います。日本語にてこまめにやりとりが可能な弊社に購入された物件の運営・管理をお任せください。

かかる費用例

プロセス段階 費用発生源 支払い先 大体の金額
商業不動産購入 Step 2 ローン査定 ローン手続き ローン会社 借入金の0.5% - 1%
Step 3 デューデリジェンス 書類調査 弁護士 時給 $250 - $350
Step 3 デューデリジェンス 物件調査 調査会社 $500 - $1200
Step 4 公証手続き 書類署名 アメリカ大使館 日本3万円~(アメリカ国内$20)
Step 4 エスクロー 登記費用 エスクロー会社 $1000 - $2000
合計 最低 $2500 ~ +借入金の0.5% - 1%